ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

水冷エンジンの進化

最近の小排気量のバイクでも水冷エンジンが多くなってきています、125ccクラスは言うまでもなく、50ccクラスでも見かけます、排ガスなどの規制が年々厳しくなる中、確実なエンジンコントロールが必要となる為必然的な動きです、以前は水冷にすると重量が増すとか、補器類が複雑になるとか言われていましたが、もはや昔の常識です、ましてやボアアップなどすると熱量が高まり、もはや風で冷やすとか、油で冷やすとか、はたまたガソリンで冷やすといったことは限界に来ています。

空冷に比べ最近の水冷は圧縮圧力が高くなっています、やはり燃焼を考えるとそのようになるのでしょうか、当店が行っているNMAXのボアアップでも、デコンプを解除して圧縮圧力を測定したところ、17キロありました、それでもノッキングせず普通に走ります、空冷のシグナスなどでは危険ゾーンに入っていきます、圧縮圧力の違いはエンジン設計の時期にもよるとは思いますが、マツダのスカイアクティブエンジンなどの高圧縮エンジンを見るとやはり時代ですね。

当店のお客様が4ストビーノをボアアップしました、駆動を詰めて回転を上げていくと、水温が心配になっていきます、設計時の発熱量に対してボアすると無理が掛かります、冷却水の増量が必要になっていきます、それでたどり着いた結論です。

202118211011.JPG写真がおかしいのではありません、効率よく水の量を増やしました、元のラジエータの隣に取り付けました、配管はT 字パイプで平行に取り付け、細かなことを言えば直列配管でしょう、とかなるのですが、本来の目的は水の量を増やすこと、サブタンクの替わりがラジエータだっただけです、これでオーバーヒート解消、なんとも原付カスタムらしいカスタムでした。

令和3年の定休日のお知らせ。

令和3年からカムイ八王子の定休日は、毎週火/水曜日になります。

宜しくお願い致します。

エニグマ V125 K5~K7 接続図

本日お客様より、V125のエニグマの接続図の問い合わせがありました、ディルツジャパンさんの好意で作って頂いたサブコン、エニグマでしたが、生産終了してかなり月日が経ちました、使っていただいているんですね、ありがとうございます。そのお客様の要望で、接続図を公開します。これからも長くお使いください。なお、ディルツジャパンさんのホームページから、携帯へダウンロードするアプリはK9用をダウンロードしてください。

20201210201118.jpg

 

と~もそ~♪選手の シグナスX グリフィス 到着しました!

202011515339.JPG

水冷のシグナスX、本邦初公開でやんす。

202011515445.JPG

と~もそ~さん、届きましたよん!!

改めて、NMAXのエンジンの凄さ!

先日、エンジンオイル量が極端に少なく(オイル交換を2年ほどしていない)ツーリング途中でエンストし、それでも走り続け、、仕舞にはエンジンかからず、走行不能状態の車両が入庫しました、一般的にはエンジン使用不能、新しい車輌に乗り換えですね、となるのでしょうが、当店は修理業ですので、とにかくエンジン分解に着手、お客様には、治らなくとも分解の工賃は発生する事、エンジン内部の損傷が読めないので、最低限の部品で修理をし、その後の故障に関しては責任は負えない事、などを理解していただき作業しました。

202096204833.JPG

上から見るとカーボン多いですね。

202096204916.JPG

エキゾースト側は傷がありますね。

20209620503.JPG

インテーク側は あ絶句!!

ピストンは見ての通りで、ここまで見るとオークションでエンジンを探し始めるはずなのですが、シリンダーヘット、カム、ロッカ、クランク等々点検するも、使用可能、出費を抑えて組みあがるのではと思い、とりあえずシリンダー、ピストンを交換、丁度中古部品が有ったのでガスケットだけ新品に、組み立て後エンジン始動、異音なし、何もなかったようにエンジンは回り始めました、しばらく様子を見るも問題ないので、お客様に引き渡しです。

20209621054.JPGのサムネイル画像

結果的にはこの部品のみ交換しました、この部品とエンジンオイル、クーラントが追加です、シリンダーはピストンのアルミ材が溶着して一部メッキが剥離しています、ピストンは写真のようにインテーク側がいかにも潤滑不足でアルミ部が大きく焼き付いています、熱で変形したピストンスカート部、しかし割れてはいません、コンロットスモールエンド部も損傷無く、改めてエンジンの強さに驚くばかりです、ヘットガスケットも、水漏れなどの形跡は見当たりませんでした、これだけの損傷具合であれば水温もかなり上がっていたはずですが、ますます驚くばかりです。

新しいテクノロジーで開発された “BLUE CORE”エンジン最高です。

 

 

 

2サイクルスクータ

最近2サイクルスクータを乗り始める方が目立ちます。

2020628214029.JPG

今回、お客様が持ち込んだ2サイクルスクータ、JOGZR懐かしのスクータです。

もう製造から20年以上たちますが、手を入れてあげればまだまだ気持ちよく加速します、当時を思い出すも良し、2サイクルを 知らない世代は、新しいエンジンメカニズムを楽しむのも良し、2サイクルワールドが待っています。まだまだ日本の各地には埋蔵金(2サイクルスクーター)が埋まっています、これを掘り起こして楽しもうではありませんか、聞くところによると外国でも、輸出された日本の中古車が高値で取引されているようです、外国からしてみれば、日本はうらやましい限りですね。

 

TTMRCよりNMAX用ハイカム発売

TTMRCよりNMAX125,155、Tricity155 用ハイカムが発売になりましたそれも2種類あります。

202041143121.JPG

B-235カムです、ノーマル車の回転域をさらにパワーアップします。TDRカムの#01と同程度です。またこのカムよりおとなしいカムをお探しでしたら、TDRのコンペティションカム、もしくはKOSOのカムあたりがお勧めです。カムシャフトを交換の際には圧入のベアリングも点検してください、ゴリゴリ感はアウトです、ご用意してますよ、また交換に際してのマニュアルもありますのでホームページより閲覧してください。

20204114323.JPG

A-250カムです、さらなる高回転域のパワーをお望みでしたらこのカムです。TDRカムの#02と同程度のカムです。

 

TTMRC、TRFシリンダー進化

本日台湾TTMRCから大量の荷物が届きました。

そこには、いつものTTMRCの箱、箱、箱、開けてびっくり前回紹介したクランクシャフトが入っていました、それにストロークをアップした分の圧縮調整されたピストン入りのシリンダーキット、日本ではプーリー側のネジをきってしまい、クランクを交換する事例が有ります、などと話して数ヶ月、出来あがりました、台湾の生産技術の素晴らしさ、お見事です。

このクランクキットは当店では、これからテストを始めます、コンロット長が調整されているので、カムチェーン長の調整無しで取り付け出来ます、楽しみです。

2019117131629.JPG

TDR商品入荷

はるばるインドネシアよりTDRが入荷です。#02カムも、もちろん定番ですからたくさん入荷しました、現在TRFのボアが売り切れになってしまい、TTMRCからの入荷待ちです、台湾から発送しているはずなんですが、今頃飛行機の中ですかね、こんなに人気が出るとは思いませんでしたが、NMAX増えていますね、今日はエアロックス155のお客様が、ボアアップのため車両を預けていかれました、ボアはNMAXと同じTTMRCのTRFボアです、カムは上の回転域でパワーの出るもちろんTDR#02カムです、そしてaRacer mini5 エアロックス155用 アイドルストップバージョン & AF-1、今回のお客様はなんと特別なパーツを持ち込んでこられました ビックフューエルタンク、ビックスロットル、シンヤスパークコイル&キャップ、などその他いろいろ盛りだくさん、作業を始める前からワクワクしますね、今日はO2センサーのボス取り付けで作業終了です、作業内容はまた順次アップしていきます、お楽しみに。

 

 20191017102354.JPG

保険修理顛末

 

今年の5月初旬、当店の代車が、事故で全損になってしまいました、お客様は転倒をしてケガをしてしまいました、バイクが全損なのに、幸いケガは入院するほどではなく通院で完治するとの事でした、代車のV125は全損だったのですが、T保険屋さんが相手の保険会社だったので、全損特約と言う保険システムで修理することが出来るとの事でした、このシステムが無ければ補償額2万円です、2万円では新しい125ccの代車は用意できません、ほんと保険はありがたいですね、この話を聞いて安心しました、と同時に保険の重要性を再認識しました。

さてV125の修理の方は、当店の代車だったので、他のお客様優先で作業の合間に少しずつ直していきました、と言うのも、相手の自動車が8月か9月に車検があるのでそれまで修理をしないとの事で、修理をしないと言うことは、それまでの間修理代金は支払われないと言うことです、もちろん示談の話もできません、なんとも身勝手なことです。

この話を聞いた時にには、バイクに乗っていた本人も怪我をして通院しているので、事が上手く収まればと思い、良いですよと返事をしました、過失割合も出ていませんでしたから、それに本人も相手のことを考えて、人身事故扱いにはせず物損にしたらしいです、事故の当事者の思いがまさに間逆です。

やっとV125は直ったのですが、修理代金がいまだに支払われません(9月25日時点)、、、、実際にこの5ヶ月間、結構長いですね、今思えば、別に過失でもめているわけでもなくこの長い時間、疑問が残ります、T保険屋さんの立場では、保険金支払いを先延ばしできるので、都合が良いのですかね?、そこで、いまさらですがT保険屋さんに聞いてみると、T保険屋さんの立場では、契約者がいつ修理に出しても関係ないそうで、関係ないと言うことは積極的に契約者には働きかけないと言うことらしいです(無駄な仕事はしない)、今回の場合は9月に車の車検が切れるので、その時に事故の修理も一緒に行う予定で進んで来ましたが、事故はお互いに悪いところがあり起こる物ですが(100対0は別として)まさに自分勝手な言い分です、このような時一般常識をアドバイスするのが保険屋さんだと思うのですが、いつ事故の示談をしても”自由”らしいです(何年かかっても)、このような対応はT保険屋さん内部の決まり事だと思うのですが、すべての保険屋さんが、こんな対応のはづありません、人は嫌なことは先延ばしにして忘たいものです、もしかすると修理代金を払ってもらえないのでは?  過失割合は9:1でバイクの過失が1割です、車の修理がいつになるか分からないとの事です、この事故車が日常に通勤に使用している車輌だったらと考えるとゾッとします、お客様はこの間車輌を使うことが出来ません、全損特約を使用すると修理が全て終了していることを最後に確認してから支払いの手続きに入ります、部分的に直して使い出すと、全損特約の範囲を外れてしまいます、この場合は当店としては、お客様に修理代金を立て替えていただくことになります、10万円以上の修理代金立替はなかなか大変です。

今回の保険会社の対応は、自社の契約者の立場を一番に守ることで、素晴らしい対応です、たぶん一番利益を出していることでしょう、何度か交渉の為電話連絡しましたが、その対応も素晴らしく、毎回電話口の対応者が変わります、そして毎回、担当者じゃないので分かりませんと答えてくれます、まさに完璧な防御です、お見事、バイク側の保険屋さんはこの話を聞いて、呆れていましたが、同業者としてはこのでたらめさ、手ごわい!と思ったことでしょう。

修理代金はやっと9月末に頂くことが出来ました、保険会社最大手のT保険、大手は怖いですね。まさに善意が裏目に出た件でした。

20191017115617.JPG