ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

Z125 aRacer入荷

aRacer の扱いを始めてどんどん新機種の注文があります、皆さん aRacer の良さに気付かれたのかな、と同時に当店に注文していただき感謝です、当店は aRacer の日本代理店ではありませんが、今まで100人以上のお客様に使っていただいております、それも、aRacer が入門用として開発した mini5 です、もっとFI チューニングを楽しんでいただきたいと思っています、それには入門用の mini5 で遊んでいただき、お客様にも FI のことを楽しむためにメカニズムを知っていただきたいのです、エンジンのチューニングの場合、4輪などはコンピュータチューニングが今や当たり前ですが、そこに行くとバイクはちょっと遅れてます、過激なボアアップなどは見かけますが、メカチューンとコンピュータチューンのバランスが悪いように見受けます、これからバイクも新時代に突入です。

当店で販売した車種:NMAX、SMAX、マジェS、シグナスX 2.3.4(台湾仕様含む)、エアロックス155、トリシティー155、Z125、キムコレーシング180、グロム

2019921101912.JPG201992112137.JPG201992112268.png

NMAXのベースガスケット

NMAX のボアアップを何台となくやらせていただいているのですが、125cc、155cc、2機種ある中で、ある共通点に気付きました、海外からボアアップキットを輸入して取り付けている方々や、適当に海外から輸入してテストもせずに販売しているメーカーの方々の話を伺うことが有り、販売している中でベースガスケットからのオイル漏れがあるそうです、私も何度か出くわしています、大半は組み方が悪いと済まされます、これは組み付けたユーザー、もしくはバイク店の整備士の方の責任となり、まさか商品自体の不良とは考えません、なぜなら修理を依頼したユーザーはボアアップをする前は漏れていなかったと思い、また多くの商品を販売している側は、同じ商品を販売して漏れない車両も有るので、商品に問題はないと思うでしょう、だから組み付けた人の責任になる、怪しい仕事はしないほうが良いに決まってます、2度目の修理となると自分で作業した方はやる気をなくし辛くなります、またショップさんの場合はもっと深刻です、赤字です、だから、ボアアップは壊れるからやらないほうが良い、と結論付けます。

201992021278.JPG

オイルラインを横切るように加工した時の刃物の跡が残っています。

2019920212745.JPGのサムネイル画像

拡大すると良くわかると思いますがオイルラインの真上です。

2019920212849.JPG

こちらは取り外したベースガスケットですオイル通路になってます。

 純正のベースガスケットはスチール製で表面にコーティングがされています、ヘットガスケットと比べると明らかにコーティングの厚みが厚いです、ヘットガスケットと同じ環境と考えればコーティングの厚みは一緒で良いわけです、メーカーの優秀な人たちが考えたのですからきっと深い意味があるのでしょう、もしベースガスケットのコーティングをヘットガスケットと同じにした場合どうなるでしょう、私の今まで扱ったキットは8割がた、ヘットガスケットと同じコーティングでした、実際ボアアップを組んでみたらオイル漏れが起きました、やってみたら漏れました、お客様には腕の悪い整備士だと思われたんでしょうね、これも勉強です、ワハハ、笑ってる場合ではありませんね。

私の立場から言えばクランクケースは不良品です、でも純正のガスケットを使用すれば漏れません、ということは不良品ではない?   この写真のクランクケースは特別なものと思っているでしょうが、同じ”傷”のケースを私は複数見ています、それも同じところにに刃物跡が判をを押したように一緒です、深さはまちまちです、中にはパテ盛り(金属パテ)したクランクケースもありました、125ccでは見たことはありませんが、155ccの海外からの輸入品と国内の2017モデルあたりで、出くわしました、まさかこのために、ガスケットを特別なものにしたとか、ここから先はミステリーです、自由に推理してください。

最後のまとめとして、ボアアップを行う際、この部分に注意してください、特別のコーティングをしていない物がキットのガスケットで、そして刃物傷をクランクケースに見つけてしまったら、純正のガスケットを買いに行ってください、そのままで組むと後でつらい思いをします。

ここでコマーシャルです、当店のキットは大丈夫です。

 

 

 

NMAX にハイグリップタイヤを入れてみた‼

NMAX にハイグリップタイヤを入れてみました、ダンロップから販売されたTT93GPです、リアのサイズはノーマルと同じなのですが、フロントがノーマル110/70-13に対して120/70-13です、数値的には10mm太いことになります、とにかく装着。

201981721321.JPGのサムネイル画像

そんなに太く見えません。

201981721416.JPGのサムネイル画像

93フロントタイヤです幅113mmです。

201981721454.JPGのサムネイル画像

93リアタイヤです幅128mmです。

 

20198172160.JPGのサムネイル画像

横から見ても扁平感もいい感じです。

201981721644.JPGのサムネイル画像

ノーマルフロントです幅108mmです。

201981721747.JPGのサムネイル画像

ノーマルリアタイヤです幅129mmです。

 海外製のタイヤなども最近入ってきてますが、簡単に入手出来るものが安心できます、ハイグリップタイヤですから。

参考までに当店の販売価格(税込み)です、フロント、6610円 リア、7840円 交換工賃はフロント、1400円 リア、2100円 でお引き受けいたします。

aRacer 多種多様

aRacer mini 5 シリーズの定期便が入荷して来たのですが、NMAX155 用は王道の定番として、今回はキムコレーシング180が入荷しました、お客様からのご注文です。

2019815213447.JPGのサムネイル画像見えますでしょうか、中央のmini 5 です、車種の字体が他の物となんか違います、ちょと高級ですね、aRacer  は基本台湾車両用ですが、日本仕様に取りつける事も出来ました。

当店で販売した車種はNMAX155、NMAX125、これらのABS付と無し、シグナスX国内の2型、3型、4型前期、後期、台湾仕様も、もちろん含まれますが、台湾インジェクションの初期モデルは2型用では、取り付けできませんでした、マジェS前期、SMAX155前期、トリシティー155、キムコレーシング180、などが今まで販売した車種です、mini 5 本体とAF-1のセットが面白いのですが、mini 5 をとりあえず付けてみてそれからAF-1といった方もいらっしゃいます、つけてない方は、まずmini 5 の説明書を見てください、楽しいですよ‼

 

 

NMAX ボアアップキットの話

NMAX155、125対応のボアアップキットの問い合わせが、おかげさまで多くなってきました、TTMRCが製作したTRFボアアップキットですが、排気量が178ccです、他のメーカーさんのボアに比べ排気量は小さいですが、なぜこの排気量にしたのか、なぜシリンダーの外周が他社のボアアップキットより大きくなっているのか、これらの疑問が分かれば、他社のボアアップキットは選びません、さすがTTMRCと理解していただけると思いうます。

 
 
 
2019814214753.JPG
   ボアアップ作業はエンジンを車体から外さなくともこのように、交換することができます、特殊工具等必要ありませんので通常の手工具で楽しんでいただけます、このボアのキットに当店ではTDR社の#02ハイカムをセットでお勧めしています、このカムによりTRFボアアップの性能がさらに引き出せます。次に、これらのボアアップとセットになるのが燃調を整えるフルコンです、以前から紹介しています、      aRacer mini  5 です。
 
2019814214553.JPG
2019814214631.JPG

aRacerは、2016年モデルから現行モデルまで対応しています、ABS無し車両もMAPが用意されていますので安心です、aRacer に関しては当店で製作した取り扱い説明書も付いているので、スマホを操作できる方であればどなたでも使いこなせます、ぜひご検討ください。

201981422220.jpg
2019814222229.JPG
 

 

オニテナガエビ、二度目の納品です。

こんにちは、カムイ八王子です。

春にオニテナガエビを納品した我が母校から、追加の注文がありまして、またまた納品に行ってきました。

八王子から品川まで、下道を使って極力静かに運びましたが、約2時間半かかって到着です。

 

いつもの6号棟の前に駐車。

2019731111130.jpg

 

今回はオスメス20匹納品で、画像はメスです。

2019731111232.jpg

 

先生と少しお話をしていただき、その後は少し構内の散策。

2019731111356.jpg

 

30年前は規則もゆるくて、構内はノーヘルのバイクが走り回っていましたが(笑)。

2019731111526.jpg

 

朋鷹寮も建て替えられて、昔の面影は少ししかありません。

2019731111758.jpg

今度の納品時には、周辺のお店(立川という中華料理屋は既に無かった...)の移り変わりを見てみたいと思います。

TTMRC ブランクピストンその後

当店のお客様でTTMRC のブランクピストンを購入した方のその後です。

リューターでピストントップやらバルブリセツなど削り終え、圧縮圧力確認となりました。

201977203333.JPG

なんと、17kPa超えました すごい‼ さすがにセルモーターは苦しそうでしたが、エンジンは絶好調。慣らしが終わるのが楽しみです。

ブランクピストンは注文でお受けできますのお問い合わせください、今回のお客様はシグナスX Φ63でした。

シグナスX カスタム

当店のお客様で、ピストンをカスタムしたいとの事でピストンを取り寄せました。

201976205742.jpg

TTMRCより到着したブランクピストンです。

201976205842.JPG

早速、お客様のカスタムが始まりました、ピストン上死点でこんなにピストンが飛び出てます、どのようにカスタムするのか乞うご期待、シリンダーヘットは、もちろん今人気の TTMRC  RRヘットです。

今後の動向を見守りましょう。

 

TTMRC RRヘット

TTMRC のシグナスX、RRヘットが今人気です、なぜか、カッコイイから‼ 自画自賛です。

201975151842.JPG

どうでしょう、新型ヘットカバーデザイン、色はチタンです。

201975221142.JPG

腰上のキットです様々な組み合わせが、存在しますのでまずはご相談ください。

TTMRC ホットな新商品情報

TTMRCよりシグナスXの新型シリンダーが発売されました、なんと水冷シリンダーシリーズ ‼

今まではウォータジャケットを溶接で加工してましたが、鋳物技術の向上により一体鋳造に成功、製品化となりました。

2019427222314.jpg

サイズは、ボア径59~76mmまで全サイズ対応可能です。
 対応サイズ  59/63/66/67/69/70/71/74/75/7

ぜひご検討ください。